ピルは処方があたり前…ではありません

ピルの処方・購入

「避妊のためにピルを飲みたいけど、病院に行くのは抵抗がある…」と悩んでいる方、必見です。
ピルは産婦人科に行かないと手に入らないと考えている女性がほとんどですが、実は海外通販を利用して購入ができます。
病院を受診した際と、海外通販を利用した場合の費用や手間を比べてみましょう。

▼避妊目的のピルは自費診療
ピルは月経困難症や子宮内膜症の治療に使用する場合は、保険適応となります。
しかしそれ以外の避妊の目的でピルを貰う際は健康保険適応外。
全額自己負担となってしまいます。
病院によって金額は異なりますが、1ヶ月分のピルの金額は約2,500~3,000円程。
アフターピルの場合は、1錠で約6,000~15,000円と高額です。
低用量ピルは毎日飲む薬。定期的な受診が不可欠なので、費用と手間が伴います。

▼お財布に負担をかけずに避妊を続けるために
「できるだけ低価格で避妊をしたい」という方にオススメなのが、海外通販です。
海外通販を利用すれば処方薬と同じ薬が、なんと1,000円ちょっとで購入可能!

低用量ピルの場合、1ヶ月分が1,300円前後で手に入ります。
病院に行って処方してもらうのに比べて、半分の値段で購入できるのは嬉しいですよね。
高額なアフターピルも、海外通販なら1錠1,300円程とかなりお得。

通販を利用すれば、低価格でピルが購入できるだけでなく病院に行く手間も省けます。
「病院に行ってピルを貰うのは恥ずかしい」という方でも、誰にも知られずにピルを購入できるメリットがあるのです。

ただし、ネット上には偽造薬を販売しているサイトもあります。偽造薬に遭わないためには、信頼性の高い大手の通販サイトを利用しましょう。
口コミや評価を参考にサイトを選ぶと、偽造薬のリスクを回避してピルの購入ができます。