ピルの種類を知って使い分けよう

ピルの違いを知ろう

ピルには、低用量ピルとアフターピルがあります。
望まない妊娠を避けるためにも、把握しておいたほうが安心感につながります。

「勢いで中だしを許してしまった」「コンドームが破れてた…」という事態に陥る前に、しっかりとピルの存在を知っておきましょう!

▼低用量ピルが合っている人

低用量ピルは、正しい服用方法で毎日飲めば99%の避妊効果が得られる薬です。
妊娠にかかわる排卵の働きを抑えて妊娠を予防できます。また生理痛の緩和、生理周期も安定されてくれます。
毎日1錠服用するだけでコンドームよりも高い避妊効果が得られるという、女性にとってメリットだらけ。
以下の点に当てはまる方は、低用量ピルの使用を検討してみてください。

・妊娠をしたくない
・ニキビに悩まされてる
・月経周期が乱れてる
・歩けないほど生理痛が酷い

「昨日飲むの忘れた!」ということが起こらないように、飲む時間帯を自分であらかじめ決めておくのをオススメします。

▼アフターピルが合っている人

緊急避妊薬とも呼ばれているアフターピルは、セックス後に服用する避妊薬です。
「コンドームが破れていた」「知らない男に襲われた」といったケースに使われる薬。
緊急性を要するアフターピルはホルモンバランスを大きく変動させるため、低用量ピルのように毎日飲むことはできません。

アフターピルは、性器内に入ってきた精子の受精させる力を失わせる働きがあります。
性交後の72時間以内(約3日)に1錠内服してください。
飲むのが早ければ早いほど、避妊の確率は高まります。

【アフターピルを使った方が良い人】
・妊娠したくない
・強姦されてしまった
・コンドームが破れていることに後で気づいた

アフターピルは中絶薬ではない、ということも、理解しておきましょう。
妊娠を防ぐ対策のひとつなので、妊娠してしまったら効果を発揮しません。
排卵周期は人によって変わるので、妊娠する可能性があるかは素人では判断しづらいのです。
妊娠するタイミングも人それぞれのため、普段からコンドームの着用と低用量ピルで未然に防ぎましょう。